内祝いを贈る方法|伝統的な結婚式にしたいなら和婚を考えてみましょう
花嫁と花婿

伝統的な結婚式にしたいなら和婚を考えてみましょう

内祝いを贈る方法

女性

相場は三分の一にする

結婚祝いとは、結婚式に招待したけど都合がつかずに参加できなかった人や事情があって披露宴に招待できなかった人などで結婚祝いを贈ってくれた人に対して行うお返しのことです。結婚式や披露宴に参加出来なくても、結婚のお祝いはしたいと考える人が多いので何かもらったらマナーとしてお返しをするのが一般的です。お返しの相場は、いただいた結婚祝いの三分の一くらいの金額が目安で相手の好みを考えながら贈るようにします。あまり高いもので返しても相手に気を遣わせてしまうことがありますが、安すぎても良くないので大体三分の一を目安にして品物を選びます。一般的には、普段使える日用品や食品などがお返しとして選ばれることが多いです。

選びやすいものを贈ること

結婚祝いのお返しには、こだわりがあったり相手の趣味がよくわかっているような場合は良いですがそうでない場合は相手が選びやすいカタログギフトを贈ると喜ばれることが多いです。カタログギフトは、一定の金額の品物の中から好きな商品を選ぶことが出来るので相手が自由に自分の好きなもの、必要なものを選ぶことが出来るので人気があります。それ以外には、無難なものとしてタオルや紅茶のセット、食器、洋菓子などが選ばれています。相手の好みも考えつつ、特別個人的に贈りたいものがなければカタログギフトを贈ると喜ばれるでしょう。お返しは、結婚祝いをいただいてから一ヶ月以内には贈るようにして、品物にはのしやお礼状も付けると良いです。